癌遺伝子検査

がんは予防から治療の時代になりました?!

癌になってから苦しい治療をするのではなく、癌になる前に「からだにやさしい予防」により、
がんの発症を未然に防ぐ努力をしましょう。

日本人の3人1人は癌にかかる時代

癌による死亡は一貫して増えています。

厚生労働省によると、平成20年に亡くなった人の死因の第1位は「がん」で、約34万人におよびます。つまり日本人の約3人に1人は癌で亡くなっているということになります。癌による死亡者は40歳代から年齢が上がることにその割合が増え、男性では60歳代、女性では50歳代でピークを迎えています。
今や、あなただけではなく、大切なご家族やご友人にも、いつか直面する病が『がん』だといえるでしょう。

部位別「癌関連遺伝子」主要なもの

・脳腫瘍・頭頸部がん・甲状腺がん・肺がん・乳がん・肝臓がん・白血病・膵臓がん・胃がん・大腸がん
・腎臓がん・膀胱がん・卵巣がん・前立腺がん・子宮がん・皮膚がん

癌は生活習慣病です

癌にかかるのは、親からの遺伝だと思っていませんか?癌にかかる原因は、普段の生活にあります。

「癌にかかるのは防ぎようがない」「癌になったら、諦めるしかない」などと思っていませんか?実は、体の中に癌ができる原因の多くは、普段の生活習慣にあります。
癌にかかる原因のほとんどは親からの遺伝ではなく、わたしたちの日頃の生活習慣にあります。ですから、禁酒や節酒、ストレスの緩和やバランスのよい食事を心がけることで、「癌にかかりにくいからだ」を作ることができるのです。

癌細胞が見つかる大きさになる前に成長を防ぐことが大切

癌細胞は5~20年かけて目に見える大きさに成長します。

がん細胞

これまで、癌細胞は1cmくらいの大きさにならないと検査ができないと言われてきましたが、近年、PETなど検査機器の進歩によって5mm程度の癌も診断できるレベルに達しました。しかし、この大きさになるまで、約5年~20年ほどかかっています。もし、この間に癌の危険性を察知できれば、癌との過酷な闘病を回避できるかもしれません。癌になれば、仕事や日常生活に支障をきたすだけではなく、一般的な癌の治療は手術・放射線照射・抗がん剤の投与で身体的に大きな負担が強いられます。また、癌の治療後も再発の不安を感じる人は多くいます。

では、癌細胞が目に見える大きさになる前に、そのリスクを知る方法はないのでしょうか?実は、「遺伝子検査」という方法があります。まだごく小さな癌細胞でも、血液を調べることで癌にかかるリスクがどの程度のものなのかを分析することができます。まさに“超”早期の癌検査なのです。
この「遺伝子検査」で、“超”早期にご自分の“今”の癌リスクを把握して、癌の発症を未然に防ぐ努力をしましょう。

癌遺伝子検査について

癌遺伝子検査の目的

超早期リスク評価

画像診断や内視鏡検査では確認できないごく小さな癌細胞(5㎜以下)でも、癌細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA・RNA)など解析し、細胞レベルの“ごく小さな癌細胞”のリスクを評価します。
これにより、超早期リスク評価が可能になります。

予防管理

画像診断や内視鏡検査では確認できない“ごく小さな癌細胞”の存在リスク、あるいは遺伝子変異による“発がんリスク”の評価などを継続的に行い、一人ひとりの体質や生活習慣に合った最適な予防管理指導を行います。

再発防止管理

画像診断では追跡できない癌治療後の“ごく小さな癌細胞”による“癌再発リスク”を評価します。癌治療後、「癌再発に向かって進行しているのか」、「改善されつつあるのか」をリスク評価し、一人ひとりの状態に合った再発防止指導を行います。

安全性

検査に要するのは約20ml~25ml程の血液のみです。
他の画像診断のような放射線被爆や強力な電磁波などによる人体への悪影響の心配はありません。

検査の流れ

検査日の予約

お電話にてご予約をお願いいたします。

検査当日(所要時間:1時間程度)

①医師による説明・問診票・同意書記入
・まずは医師の説明を受け、検査内容の確認をお願いいたします。
②採血
・血液は20ml~25ml程度摂るだけで検査できます。
(血液に含まれる、がん細胞にかかる遺伝子を調べます)

検査

約3週間かけて血液中のがん関連遺伝子の検査を行います。

レポート作成

検査結果に基づき、発がんリスクや予防管理についてのレポートを作成します。
・検査結果がすべて揃い次第、結果説明のご予約のご連絡をいたします。

結果説明(所要時間:30分程度)

レポートをもとに、診断結果について医師から説明を行います。
・検査結果に基づき、治療・生活習慣の改善のアドバイスを行います。

費用

¥300,000(税抜)~

がんを防ぐ生活習慣を身につけましょう

がんにならないためには、日ごろから心がけるべき生活習慣があります。
すぐに実践してみましょう!!

禁煙・避煙!! たばこを吸う人は禁煙。
吸わない人は、他人のたばこの煙は出来るだけ避けましょう。
酒は適度に!! ビールならば1日大瓶1本。
日本酒ならば1日1合程度にしましょう。
運動!! 定期的に運動を続けましょう。
毎日30~60分程度の歩行、週1回は汗をかくような激しい運動も必要です。
適度な体重維持!! 太りすぎ・やせすぎは禁物です。
BMI(体重㎏÷身長m÷身長m)で20~24の範囲内に収まるようにしましょう。
野菜・果物を!! 野菜や果物を、少なくとも1日400gは摂るようにしましょう。
野菜は1日3食、果物は1日1食を目安に摂りましょう。
塩分は控えめに!! 食塩としては1日10gが上限。
塩辛などの塩分の多い食品は、週1回以内にしましょう。
熱い飲食物は控えめに!! 熱い飲み物・食べ物は咽頭や食道などに悪影響を及ぼす場合があります。
少し冷ましてからとるようにしましょう。
肝炎ウイルス!! 肝炎ウイルス感染の有無を知り、感染者は治療を、未感染者は予防の措置を取りましょう。
ストレスをためない!! ストレスをなくすことはできません。散歩、友人と話す、本を読むなど自分なりのストレス解消法を持ちましょう。
癌は生活習慣病です。今あるリスクを知ってがんにならないための行動を起こしましょう