皮膚科

ニキビ(思春期ニキビ・大人ニキビ)

にきびとは、皮膚の炎症による疾患です。ホルモンバランスの乱れる思春期によく出来る肌トラブルとして有名ですが成人を超えていても慢性的な、にきびに悩まされている方は非常に多いのです。ホルモンバランスの乱れの他には栄養不足、睡眠不足、ストレスなどによってにきびは出来てしまうのです。炎症が起こらないように素肌を清潔に保つ事がにきびの改善には有効です。

思春期ニキビの主な原因

大人へと成長する思春期は性ホルモンや成長ホルモンの分泌が増加し、皮脂の分泌が盛んになります。そのため毛穴に古い角質などの汚れが溜まりやすくなりニキビの原因となります。

大人ニキビの主な原因

不規則な生活やストレス、加齢などによりホルモンバランスが崩れ、肌のターンオーバーが乱れることにより角質などの汚れが毛穴に溜まることが原因となりニキビができやすくなります。

ニキビの原因や症状はさまざまです。重症化する前に適切な治療を行うことがニキビ跡を残さないためにも大切です。繰り返すニキビにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ニキビ跡

ニキビが悪化し膿を持つ状態になると炎症のダメージが毛穴の周だけでなく真皮や皮下組織にまで及ぶようになります。真皮や皮下組織が傷つくとでこぼこのニキビ跡ができてしまう場合があります。治療ではこのダメージを受けてしまった組織を正常な状態に戻していき肌にできてしまったでこぼこを目立たなくしていきます。

色素沈着

肌のダメージを回復しようと表皮細胞が活性化したときに色素細胞も一緒に活性化されたためにメラニン色素も増え色素沈着が起きます。通常メラニンはターンオーバーで少しずつ消えていきますが傷ついた肌が正常にターンオーバーできるように回復するまでに時間がかかるため色素沈着になります。治療ではターンオーバーを促進させてメラニンの排出を促します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは乳幼児によく起きる症状で痒みと痛みを伴う湿疹が繰り返し出来てしまう事であります。3歳までに完治する事が多いといわれていますが成人を超えても繰り返す痒みや痛みに苦しんでいる方は多いのです。炎症を起こしている部分を掻いてしまう事により症状は更に悪化し適切な治療を行わない限りは改善せず炎症は広がっていってしまうのです。

アトピー性皮膚炎、にきび、かぶれ、蕁麻疹、ヘルペス、帯状疱疹、水虫、軽傷の火傷など一般皮膚科診療を行っています。

※陰部の診察は行っておりません。
婦人科・泌尿器科を併設の医療機関を受診して下さい。