アレルギー科

気管支喘息、食物アレルギー、花粉症などのアレルギー疾患の治療・検査を行っています。

※各種血液検査、パッチテストでの金属アレルギー検査など行っています。
※予防医療検査にて遅延型アレルギー検査も行っています。

アレルギーの原因

アレルギーとは、体の免疫反応が自分の体にマイナスに働いて起きる病気です。体にとって異物である抗原やアレルゲンが体内に入った時、それに対抗する抗体を作って抗原を排除しようとします。この反応を免疫反応といい過剰に反応することがアレルギーととらえられます。

原因は、食物であったり金属、鼻炎、皮膚炎、紫斑病、結膜炎、ぜんそくなど多くが存在しています。生活環境や遺伝も原因とされますが、先進国を中心に患者が急増しているとされています。治療法については、引き起こすとされる食物を必要最小限に除去し、反応を起こさないようにすることが最も重要です。また、どのアレルゲンに対しても、アレルゲン免疫療法が挙げられます。ステロイド系の薬を使用する事も治療の一つとして用いられています。アレルゲンの種類が多様であることからも、その治療も一つ一つにあったものが勧められ、また年齢や性別、他の持病など個人の特性も配慮して治療することが大切です。