PRP療法

PRP療法とは再生医療の一つの手法で、患者自らの血液から採取した血小板を用いて治療を行う方法です。
PRPとは「Platelet Rich Plasma」の略で、日本語で多血小板血漿と呼ばれるものです。多血小板血漿は血液中の血小板の濃度を濃縮によって高めたもので、様々な治療に活用できる可能性が知られており、近年その可能性に注目が集まっています。

血小板には良く知られている止血効果の他に、細胞組織を修復し傷を治癒する働きがあります。PRP療法はこの傷を治す働きを応用して、血小板の濃度を高めることによって効果を促進させて医学的に活用したもので、様々な部位の皮膚の再生や、歯科医療、美容整形など利用される場面が近年増加しています。

PRP療法の特徴

PRP療法は、自身の血液から血小板を抽出した上で皮膚に注入することによって、アンチエイジングや肌質の改善に役立てられる手法です。血小板には細胞に活力を与えるための成長因子が含まれています。そのため、血小板を用いることによって、老化した肌などの細胞を根本から若返らせることができるというのが大きな特徴です。

自身の血液から採取した血小板を使用するため、副作用の心配も無く、美容の向上や怪我の治療の目的のために施術が受けられます。実際に得られる効果として、しわやたるみの改善やニキビ跡の解消、さらに怪我などで負った皮膚のキズ跡の解消にも役立てられます。スポーツによる関節の故障や痛みに対しても、十分に改善の効果を得る事が可能です。

PRP療法の効果

この療法では高濃度の血小板を含んだ血漿を自分の血から採取して血管新生や線維芽細胞活性化、コラーゲン生成などを助ける多くの成長因子が含まれた血小板血漿を肌に注入します。これにより成長因子が自身の皮膚を再生、活性化させることで様々なアンチエイジング効果を得ることが出来ます。

肌の若返り、目尻のシワ、目の下のクマやたるみの解消、法令線改善、ニキビ跡の改善などPRP療法には多くの効果があります。また自分の血を使うのでアレルギーや感染症などの副作用がないという利点もあります。

治療の流れ

血液から、まずは、自分の高濃度血小板血漿を血液から抽出します。そして、抽出した高濃度血小板血漿を老化した肌に注射で、体内に注入します。

※予約状況によりお受けできない場合がございます。ご了承お願いします。